小牧市郷中にて眼科を診療する「石田眼科」についてご案内します。

診療案内

診療科目

  • 眼科

診療内容

  • 一般眼科診療
  • 小児眼科(斜視・弱視・近視進行抑制治療)
  • レーザー治療
  • 眼科手術(白内障・緑内障・硝子体など)
  • コンタクトレンズ、眼鏡処方

近視進行抑制治療

当院ではマイオピン(低濃度アトロピン)というお薬を1日1回点眼することにより近視の進行を抑制する治療を行っております。

  • 1ヶ月〜3ヶ月毎に来院し、診察、検査が必要です。
  • 本治療は自由診療となります。
    お薬代 2500円(税込)
    検査費 2000〜3000円(税込)

詳しくは、当院受付、もしくは医師までお問い合わせ下さい。

マイオピンとは

小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬で、シンガポール国立眼科センターの研究に基づいて開発されています。以前よりアトロピン1%は近視治療に使用されていましたが、瞳孔が開く作用があり、まぶしさなどの不快感や、ピント調節の低下があり近くがぼやけるなどの副作用を引き起こします。
マイオピンは、最適な超低濃度(0.01%)のアトロピンを点眼することにより、近視の進行を平均約60%軽減させると同時に、アトロピン1%のような副作用を回避します。

シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。 Ophthalmology 2012;119(2):347-54

マイオピン

近視の進行を抑制することが大切な理由

近くを見ることが習慣化すると近視になりやすく、戻ることがありません。

高度近視になると、黄斑変性症、網膜剥離、また緑内障に発展する可能性があります。そのため近視の進行を抑制することが重要となります。

このようなお子様におすすめです

  • 軽度または中等度の近視の方
  • 6歳〜12歳の学童の方

モバイルサイト

http://www.ishida-eye.com/

モバイルサイトはこちらのQRコードをご利用ください。

文字サイズ